FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豪政府、フィリピン支援額:約9.5億円を即時決定!

昨日11月11日、豪政府はフィリピンの台風ケッツァーナの大被害への支
援としてA$10 million=約9.5億円の支援と人的サポートを即時、決定!

また、QLD政府も独自にA$1million=9.5千万円を寄付すると決定!
ビクトリア州も独自の支援金額を発表しました。

日本と異なり、豪国も米国と同じく州政府があるため、豪国の国の政府
としての支援だけでなく、州政府が独自に支援を決定できますし、とに
かく、日本と違い、州政府も国家政府も動きが早い!

QLD政府の首相は「QLDが自然災害に見舞われた時、世界中の人々
から支援をうけた。今度は我々がフィリピンを支援するべきた」と議会で
コメント。

イギリスも、約£6 million (A$10.2 million)=約9.7億円の支援を決定し、ヨ
ーロッパユニオンも€3 million (A$4.3 million)=約4.1億円の支援を決定。

かたや日本政府は11月9日、フィリピンへの緊急食糧支援として、WFP
国連世界食糧計画を通じ、およそ4.5億500万円(450万米ドル)の拠出
を供与することを決定したとのこと。

(この続きは ↓ の read more... を押してください)


現地の国家災害対策本部の11月10日発表によると、台風30号の直撃をうけたフィリピン
の被害は、被災者が約950万人、避難所生活者が約61万人。本日入手できる国連UNHC
R協会の発表の数値である。


現地ではライフラインの確保が急務となっており、UNHCRでは、緊急支援として、シェ
ルター、生活用品、ビニールシートなどを1万6000世帯に支給することを決定し、この
緊急支援活動に必要な金額は10億円規模と見込んで、国連UNHCR協会ではフィリピン
緊急支援のために皆様からのご寄付を受け付けている,,,と記載があった。

10億円、、、であれば、既に豪国政府の9.5億円とQLD州政府の独自の支援額
の9.5千万円で、もうこれで豪国だけの寄付でも10億円に達している。

さらにイギリスが、約9.7億円の支援を決定し、ヨーロッパユニオンも約4.1 億円の支
援を決定しているので、支援額としてはかなりのスピードで大幅増加といえる。

それにしても、世界経済大国No1の米国とNo2の中国からの資金援助を声明する動
きがない。

ただ米国は、速やかにフィリピンで米軍が支援活動を行い、一足、遅れてフィリピン政
府軍が活動。米軍支援の機材や人材はの戦力は大きい。

しかし、世界の経済大国No2になった中国からは、支援活動も資金援助の発表もない。

世界経済大国のNo3である日本の支援額も、豪国や英国の半分以下の金額。

しかも自衛隊は「フィリピンから要請あれば自衛隊を即時に派遣できるように調整中」
とのこと、、、、調整中、、、とのこと。

なんだんだろう、、、まったく。
要請される前に、日本から応援を申し出たんだろうか?なぜ、受け身なのか?

TELCO東京電力のお粗末さもしかりだが、日本政府のこのスローさ。
なぜ、いつも追手に回り、受け身なのか?

東北の災害地では、2.5年たってもまだ支援復興もスピードが遅れていて、簡易の
商店街も県が家賃を代償できなくなっていて、このまま立ち退きをしいられると出店
の100%が自力では運営できないという。

なんなんだろう、、、、まったく。

安倍さんは、TELCOを破たんさせると、被害者の救済処置ができくなるので、
破たんさせない、、というが、東電歯ぬかるみにつかりすぎているから、2.5
年たっても核排除が発展しない。

自民党の最大の支援者であり有権者である、農業の業界を税金で保護してきたのを
バサッと切れないのと同じである。

フィリピンは、もともと貧富の差が激しく、貧困者の衛生事情は、中国やインドの
それと同じく貧困。フィリピン政府のアクションもめちゃくちゃスロー。

こういうときに世界の経済大国である、米・中・日本が資金支援だけではなく、人
的支援を即時に提供するのが筋だと思うのだが、、、、

安倍政権で、少しずつ各方面の改革のスピードは見えてきてはいるものの、やはり
こういう自然災害への対応や支援が、国内外をとわず、遅すぎるのが日本である。

日本にいる皆さんは、日本語での情報しかGETできないので、世界の動きを知る
のがなかなか難しいかもしれません。

しかし、英語の情報であれば、ネットで世界中からの情報が即時に収集できます。
中国のように政府がネット規制している訳ではないですから、探そうと思えば世界
での情報発信が拾えます。

「言葉」という障害を含めて、いかに日本という国と国民がまだまだ世界のリーダ
ー的な存在になるには、世界感をスピードが遅すぎます。

本来、日本国は中国や韓国より秀でている国民性のはず、、、

こういうフィリピンの大災害の例などをみるにつけ、それぞれの国がどれだけ近代
の世界社会で、迅速に貢献できるかがあからさまになります。

日本に暮らす、皆さんは、どう思われますか?

2013/11/12(火) | 海外視点「豪州から日本へ」 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。