FC2ブログ

2013年後半の「Mの悲劇」について!

今年2013年ももうあと残るところ2週間ですね?
皆様の2013年はどんな年でした?

な~んて、、、だいたいこの藤井が過去を振り返って、、、、後ろごとを
書くなんて、全然、私らしくないんですが、、、、、でも、ここに記述。

今年は10月に豪国を出国する予定だったんですが、10月初めに大事件
が起きて、全て、予定していたことが全部狂いました。

そのため、仕事も何も、ぜーんぶ、それどころではなく、全身全霊で藤井
にとっての生命線を守ることに専念しました。

それは藤井にとってこの宇宙上で一番たいせつな「小さな命」が生命の危
機にさらされ、果ては癌を告知されたんです、、、、それに、万一の場合、
覚悟するように、、、、と、まあ、今、考えたら、医者はみんな、必ず、そうい
うことを言うんですが、、、そんなことも言われ、もう涙ポロポロ、心ボロボロ、
神経ズタズタのボロボロ状態でした。

(この続きは ↓ の read more... を押してください)


その後は、もう10月は看病との戦いでした。

毎日、毎日、看病以外は、ほかには何もできず、、、、、幸い、そのあと、
開腹手術した際の腫瘍は完全に切除できる箇所にありました。

でも腫瘍は、リサーチセンターでの検査の結果、悪性と判明。

もし転移したら、「小さな命」なので、人間のようにキーモセラピーと抗
がん剤の治療はできない、、、と言われました。

もう衝撃どころか、藤井はこの宇宙上で一番大切な「小さな命」の主なし
では、人生を生きていけないので、もうボロボロになりました。

ただ、開腹手術後の彼の回復力はすごいもので、まあ~、さんざん藤井が
上げ膳・下げ膳で、何もかもお世話して、ベタベタに愛情かけたお蔭もあ
りますが、体重も少しずつ増えていて、快調。

毎日、毎日、1時間ごと、2時間ごと、3時間ごと、、、、と徐々に時間
間隔が伸ばせるごとに、彼に運ぶ食事や水の回数が変わるごとに、どんど
んと元気になったのですが、もう心配で、たまりませんでした。

開腹手術での傷があまりにも大きいのに、1週間ほどすると、かゆいのか
糸を引っ張るようになったので、それをやめさせるためにジャケットを
買いました。

でも、小さくなった身体には、その市販されているジャケットが大きすぎ
るので、最初は小さく補正しましたが、やっぱり大きすぎます。

そこで、暖かく、軽いフリーズ素材を使って、お手製のジャケット制作に
励みました。作っては、着せてみて、調整して、また着せてみて、ピタリ
としない部分をまた補正して、、、3日かかりで1着作成。

着替えが必要なので、また2日かかって2着目を作成。でも、色がグレー
だったので、あまりにも病人を病人にしてしまうカラーは気分が向上し
ません。

そこでまた生地を買いに行って、3着目は明るいブルーにアニマルプリン
ト柄をGETして作成。同じ生地を最初の2着の縁取りに加えて、明るい
ジャケットにお色直し。

やっと3着作成し終わった頃、、、結構、本人は元気になっていて、抜糸
した後、ほとんどいらなくなってしまいました。

でも、お腹が冷えずにと着せたお手製のジャケット、お腹の傷の糸を引っ
張らないようにと着せたお手製のジャケット、、、きっと彼の超スピード
の回復力に力をそえたはずです。

1月になったら、超音波検査をしますので、その結果で、転移がないとな
れば、しばらくは安心です。

でも本人は、そんな人生の大転機を超えてきたなんてことはコロっと忘れ
て、今はピンピンしています。

なんて安心していたら、先週12/11(水)に留守の我が豪宅に泥棒が入られ
ました。

近隣のMattがその異変に気付いたのは翌日の12/12(木)の朝らしいので
すが、藤井が知ったのはその夜。帰宅したら、携帯に豪国の隣人のMatt
からメッセージがあり、すぐ電話しました。

警察の指紋操捜査も終わりました。
いずれ指紋から、犯人が判明するかもしれません。

Mattが「TVやPCなど盗まれてないよ」といって被害は少なそうだというの
で安心していたら、その後に写真を見たときは、家の中(=100坪)の各部屋
で、私物が各部屋で反乱していて、すごいショックを受けました。

家具や電化製品など、大型の目立つものは、目立つので盗むことは最初
から考えていなかったようです。

盗人の目当ては、あきらかに現金と宝石。

9月には家の周りに新しく防犯用のサーチライトを2か所付け、門の前と
裏にも防犯カメラを付けたのに最悪です。

2年前も、日本から帰宅すると、冷蔵庫x2つが完全に駄目になっていて、
12月のクリスマス&年末年始前に、保険会社との処理にえらい大変だ
ったのを覚えています。

事件後、我が家の周りには、毎日、警察の巡回(=藤井がQLD警察へ依
頼した為)があり、隣人たちも目を光らせています。

しかし、気持ちの悪いものです。土足で家の中を歩き回り、衣装ダンスや
引出しの中をかたっぱしから、物色されて、、、

ショールームになっている隣の家も、売却されたそうなので、2014年
は住人がすむことになるでしょうから、まあ、来年からは泥棒も入りにく
くなるでしょう。

この家には、C&Mがいるので、セコムのようなセキュリティーシステム
会社とは契約せず、防犯カメラとサーチライトで大丈夫と思っていたので
すが、これを経験にスグ契約することにしました。

昔、Redlynchの家でのセキュリティーシステムは、C&Mが動くと反応
するので、ほとんどOFFだったのが、その理由でしたが、やはり不在期
間が長くなると、近所には「騒音公害」になりますが、不法侵入では、ま
ず大きな音と警備員が有効的なようです。

CQLAのあるオフィスビルは、何かあれば、スグに警備会社から警備員
がやってきます。やっぱりこのシステムを契約することにしました。

まったく、、、あの閑静な住宅地にまさか、、、、と思っていたのですが、
閑静だからこそ、留守宅が狙われるのかもしれません。

今日、MattとSMSしていて「押し入る気になったら、何をしていても入ら
れる」「でも、周辺の近所同士の日頃のウォッチングは重要だ」と意見が
一致しました。

ということで、2013年の後半には、2つも災難が降りかかった年でした。

つまりこれが「2013年後半のMの悲劇」です。
(なんでMかって?藤井三香だからMの悲劇じゃないですか~)

いや~、きっと2014年は、素敵な年になると信じております(笑)!

<追伸>
新年Partyどうしようかな~、なんか今年は面倒だな~、泥棒あとの整
理が大変だし~、でも、みんなが楽しみにしてるんだよね~!

<追伸2>
あ~、その前にHarding家での家族クリスマスがあるんだよね~、
今年はGlenがホームだから、ホームに持ち込みでのクリスマス。
毎年、プレンゼントが面倒で、、、上げる相手が10人以上で、もうら私に
相手側は4家族。本当はプレゼントなんていらないんだけど、そうもいえ
ず、、、、キリスト教のファミリーの恒例だからね、、、
豪国で20年も家族同様につきあっている血縁関係のない家族がある、、こ
れが何よりありがたいことです。

<追伸3>
藤井の豪国生活もとうとう20年3ヶ月目に入りましたよ、、、、、
やっぱり日本より、豪国の我が家の方が落ち着きます。
今年は我が家の15mプールでマジで泳ぐぞ!

2013/12/16(月) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |