FC2ブログ

日本の不思議?

いやー、日本に長く滞在すると、色々と感じます。
まず、TVがうるさい。アホな番組ばかりで、NHKですらどうしようもない。

早くオーストラリアに戻りたくて仕方がない!

オーストラリアであれば、昼間は米国のトークショーなどもあるにはあるが、
朝の時間や夜の時間は、教育的なプログラムや「まとも」なトークショーが
ある。

トークショーでは、一般人たちが、自分たちの意見を主張しながら、しかも様々
のお国柄出身の人たちが(勿論、英語で)討論しあうので、とても面白い。

しかし、日本のトークショーは、お笑い番組タレントや中身がないとしかいえ
ない芸人たちの、意味のないショー。クイズ番組もやたらと多く、出ているタ
レントもチャンネル変えても、同じ人間ばかり。

民間企業が不景気でスポンサー予算に限界があるという理由なら、それは
民放の話で、NHKではない。国のメディアの「質」まで落ちたら、この国の
レベルが疑われる。

「放送の威力」をもっているはずの日本のメディアは、とうとう「考える力」さ
え経済低迷による「マイナスの力」に屈したのか?

低迷しているときこそ「考え」、そしてそこから「明かり」を見出していけるのが
「人間」という哺乳動物であり、人類が伸びる「力」を見出すのが「考える」から
生み出される「底力」である。

この国を見ていると不安になる。
政治家も、国民も、「大局的」な考え方ができなくなっている人が多すぎないか?
ごく少数だけに頼っていては「国力」はますます落ちるのではないだろうか?

大人がマンガ本を読み、大人も子供もギミックなゲームにのめりこみ、「考える」と
いう「国民力」はどんどんと低下しているように思えてならない。

「売れる」からという理由だけで、国全体が「幼児化」していく手助けをしている
のが今の日本のメディアであり、それを利用する教育関連の企業。

昔の日本には「魂」は「金」では売らないという「大和魂」があったのではないか?

少なくとも、TVでそういう時代物の番組があるのだから、ハッと我に返る人が増え
てほしいと願う。

一体、日本はどうなってるのか?

もし、読者の皆さんが同感されないとしたら、恐ろしいことである。

2010/11/27(土) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://mikafujii.blog100.fc2.com/tb.php/48-00e10b53
 |  HOME  |