FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Australia 最大級サイクロン状況

2011年2月2日、多くの方々から、オーストラリア歴史上「最大級」の当地サイ
クロンYASHIについてご心配を頂いています。下記、状況報告をしていきます。

01) 現在、2011年2月2日午後9時。風が少し強くなった程度で、雨もありませ
  ん。我が家は郊外で高台ということもありますが、史上最大級の台風が接近と
  はなかなか感じられない環境です。
  午後8時ごろ、TV朝日のタイ支局からインタビュー電話がありました。
  日本ではオーストラリアの大きさがわからず、ブリスベンの大洪水とケアンズ
  の台風が距離的に理解できず、ケアンズがダブルで大打撃のように放送され
  ます。しかしケアンズはブリスベン大洪水の被害はまったくなく、台風も今
  夜の夜中から明日の朝に直撃するので、被害の程度はわからない状態です。
  そして、市民はすべて準備万端で、低地域の人間は旅行者も含めて、すべて
  避難所へ退避済みだとTV局へ伝えました。
  もし、TV朝日で放送されれば、正しい情報が日本の皆さまに報道されること
  を祈ります。

02) まずCQLA顧客とスタッフほか、藤井三香(と家族=M&C)は無事です。
  我が家はケアンズ郊外の高台にある為、緊急発令で道路での移動が禁止
  された数時間後の2011年2月2日午後7時現在も、「風」も「雨」もなく静か
  な現状です。

03) 本日2011年2月2日の夜中にオーストラリア歴史上最大級のカテゴリー
  5(最高時速300km)がケアンズの東海岸を直撃する予定です。
  CQLA顧客は宿泊施設内に待機、海岸沿いの市民および水害予想地域
  といわれる低地域の住民はすでに避難しています。

(この続きは ↓ の read more... を押してください)


04) オーストラリア国内(そして日本国内)のTVの映像には「市内中心部」「海岸
  沿い」「避難センター」の様子が映像として流れていると思います。
  但し、2011年2月2日午後7時現在では、まだ何も起こっていない状況です。

05) 昨日2011年2月1日午後から、過去最大級の危険あるサイクロンへの警告が
  だされ、市内のビジネスは午後からクローズ。社員も帰宅して準備。各地のガソ
  リンスタンドは行列。スーパーの「水」ボトルの売り場もたぶん今日の昼頃には
  品切れだったでしょう。(昨日の夕方まではまだOKでした。)

06) 今朝、シドニー出身で南アフリカで数年勤務して1年半前に近所に越してきた
 (隣は空き地・2軒左隣り)Mattが「サイクロン大丈夫かな?」とやってきました。
  初めての経験ゆえ心配とのこと、無理ありません。オーストラリア歴史上に例の
  ない時速300kmもの強風が予想されるサイクロンです。奥さんのJonellの
  いとこがケアンズ病院の医者で、高台のここへ避難したいというので、我が家の
  ガレージに車を止めさせてあげることにしました。我が家のガレージは建設時に、
  左右に風の通る通気窓を建設してあり、網戸もつけてあるので、完璧です。

07) ランチタイム頃、右隣のDideeがやってきました。「準備はOK」と確認しにき
  た次第。Dideeの右隣はシドニー出身者で、その隣も最近引っ越してきたばか
  りなので、皆、あせっている様子。我が家は100%準備万端です。「水ボトル」
  「赤ワイン」「白ワイン」「シャンパン」は昨日、買い込みました!「電池」はいつも
  のようにOK.大型電池でのランタンも2台OK.ラジオも2台OK.
  携帯用ラジオもOK.携帯は予備2台をいれて3台とも充電OK.充電式電池は
  3機ともOK.もしもの際の携帯への充電バッテリー充電もOK。万全です。

08) サイクロンと新年会のPartyの準備で困るのが、この広い家に人間は藤井
  しかいないので、バルコニーの家具の移動が大変です。バルコニーにおいて
  ある外用のダイニングテーブルと椅子6つ、丸くて(重い)木のダイニングテー
  ブルに椅子4つ、そして壁際においてあるBBQ機器、扇風機、壁の棚、、、
  すべて屋内へ移動。完璧!

09) 隣のMattがゴミ箱(縦1m・幅50cmの大型)二つはガレージに入れて、車
  のバファーにするというので'OK, Lets do it, shall we?'で移動。ま、我が家の
  ガレージは通気窓があるので、300kmの風力でも問題はないのですが、、
  彼のいとこの医者の車(フォルクスワーゲンの四輪駆動で我が家のMingちゃ
  んが新しい車なので、お座りになって安全確認してました!(笑))も預かって
  いるので、Mattの言うとおりにした次第。

10) 今夜2011年2月2日の夜中から朝にかけて、この最大級のサイクロンが直
  撃する予定ですので、一時、停電も覚悟。QLD政府によると、安全確保の為、
  被害をうける前にパワーOFFすることもあるとのこと。仕方ありません。
  幸い、真夏の日中でも涼しい気温ですので、クーラーも扇風機も無用。
  冷蔵庫の中身さえ無駄にならなければ、あまり問題ないでしょう。

11) 藤井の私ごとですが、おととい1/31に実家の母がリハビリ病院+介護保険
  +三井ホームとの「家屋調査」を終えました。現場検証中には国際電話をして、
  「改装」ヵ所の確認などを行い、その後、3日間は三井ホームとメールと国際
  電話で確認。介護保険へ申請する書類の準備中です。リハビリ入院中の実母
  には、当地の状況を伝え、2-3日は国際電話できなくなるかもしれないと
  いうと「じゃ、2月末の退院には帰国できないの?」と一時、不安を表しました
  が時間的に問題ないと伝えると安堵の様子。78歳ゆえ、おとといの「家屋調査」
  での外出で微熱がでてしまった様子。藤井は病院担当医に談判。2月の初旬の
  退院予定を2週間の延長を確保しましたが、やはり本音は「春頃に退院」希望。
  日本の医療事情は分かりますが、オーストラリアなら老人を真冬に放り出さない
  (勿論、交渉すれば!)と考えると、日本の融通のなさに今さらながらがっかり
  します。(老人介護保険はこのままでは日本は継続できませんから、廃止になる
  でしょう。老人介護が近い将来考えられる方は、自己資金でどこまで準備できる
  か?を考えた方がよいでしょう。藤井も実母には78歳で入院保険に入れたの
  で、今となっては、とてもありがたく感謝されています。)

12) 昼にオージー両親に数度目の電話をしたら、再度、庭の植木室内へいれるべ
  く、準備中とのこと。近所の末娘のJackyとフィアンセの Markも自宅待機との
  こと。高台の我が家への待機を促しましたが、家にいるというので、もし来るな
  らいつでもOKと伝えた次第。しかし、午後5時の現時点では移動禁止ですし、
  彼らも準備万端なので、大丈夫でしょう。
  ただ、彼らの家は我が家ほど新しくないのと、回りに木々が多いのが心配。
  我が家は家に敷地が広いので、家の建物の回りに影響を及ぼす可能性のある
  高い木はないし、すべての木々は先週1週間で危険性は回避するべく処理し
  たので安心今夜、夜中らから明日の昼までが勝負です!

ということで、今日から明日、場合によっては、数日間は市内のインフラに影響が
出て、その影響で「郊外」「高台」の我が家でもインフラに影響が出て、電気やネ
ットに障害があるやも?

TVでは、朝から休みなく緊急番組の放送中です。
ジュリア首相、アナ・ブライトQLD州知事、ケアンズ市長など、続々とTVで
緊急報告。

これで、オーストラリアQLD州とケアンズ地域が(米国のオプラ訪問効果以外
でも)世界的に注目をあびることなり、結構なことですが、災害がひどくならず、
市民や市内のインフラに影響がないことを願うばかりです。

問題がなければ、サイクロン通過後にまた近況報告いたします。


2011/02/02(水) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://mikafujii.blog100.fc2.com/tb.php/52-0f4731b5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。