FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お知らせ(3)

読者の皆さま、6/30に(2011年度)末決算後に記事を各と申し上げながら、
7/24(日)現在、あまり進歩がありません。すんません、、、、!

実は、ご存じの方はご存じのように、藤井は(CQLA応援団に「頭おかしいんじゃ
ないですか?」と言われながらも)米ウォールストリートのファイナンシャルクラ
イシスをきっかけ(理由:世界大不況で、暇になると思ったのですが?)に、MBA
後の10年のブランクを経て、現在、3度目の大学院(1度目:経営修士学(MBA),
2度目:名誉学位(MBA with honour),3度目:プロフェショナルアカウンタント
(MPA))を現在進行形です。

国家の税務署のしもべになるつもりはありません。

ただ、法律とビジネスを正確に理解すればするほど、日本とオーストラリアの異な
る「法」や「システム」を理解すればするほど、「世界感」は広がり、人生はもっと
面白くなります。(勿論、結果、CQLAクライアントも「誰も教えてくれないこと」を
学べますしね、、、(笑)ホホホ!)

PS: そうそう、、記事かかないと一般読者じゃなく「応援団」や「CQLAリピータ」が
  藤井が病気じゃないかと心配するので、この公の場を利用してExcuseさせて
  頂きますデス。お許しを!

(この続きは ↓ の read more... を押してください)

とはいうものの、昨年7月に発し4月まで続いた藤井家の諸所のため、昨年
7月にあと一歩で終了していたMPAのサブジェクト「会社法(Corporate Act
2001)」が終えられず、延期に延期を重ねたあげく、とうとう、この7月の集中
講義に他の学生とともに受講してリフレッシュ後、最終試験で閉めくくること
となった次第。

ところがギッチョン、チョん、、、です。

Corporate Act 2011は、オーストラリアの法律の中でも一番「分厚い」法令
で、そんなもん、7月一杯の集中講義で完璧に理解しろ!という大学院の方
針が本来、無茶苦茶なのですが、たぶん彼らに言わせれば、大学院でこの
コース受ける生徒なら、一般の大学生がすること、つまり1年で学ぶ内容を
6回の集中講義(土日x3週間)でこなせて当たり前、、、できない人間は大
学のこのコースを受かる資格はない、、、とまあ、こういうことだと理解してお
ります。

しかし、しかしですな、、、、、この分厚い法令を理解して、しかも、実際の法
廷でのケースを組み合わせて、理解するというのは何より「時間」をかけて、
読んで、読んで、読んで、読んで、読んで、、、疑問があれば、それを頭の中
で整理して、、、それでも?なら、講師(=法廷弁護士)に質問して、それから
整理して、、、理解する、、、、これしかありません。

ところが「時間」が限られています。
(勿論、言うまでもなく、すべて「英語」です。いちいち辞書で単語の意味を引
いている人は、200%大学院は「無理」です。)

集中講義は、7月2(土)/3(日)/16(土)17(日)/23(土)/24(日)でしたが、藤
井は最初の2・3を年度末決算の処理のため、ミスりました。

ひょんなことから、講師である法廷弁護士のHelenを昨日と今日、送迎して
あげることになり、帰り道の車の中でどの程度の理解度を最終Examで要求
しているかをHelenとの会話の中で推察することができました。

しかし、、、、ミスった2・3は'Partnership Act'なので、自分一人でReview
しなくてはなりません。

Helenは「法律」はそんな短期で理解できるものではないから、試験でアセス
する時はちゃんとこの「短期」でのサブジェクトを考慮する、、、なんて言って
ましたが、ホンマかいな、、、と藤井は、懐疑的です。この集中講義での内容
を見れば、一般人(=大学生)はヒエーとしっぽをまくでしょう!

今日は7/24の最終講義終了から、あと5日の29(金)が最終試験です。

残る5日間で、どこまで「脳みそのしわ」をふやせるか?時間との勝負です
ので、今晩はたまったCQLAの仕事をかたずけ、できるだけ明日から独学で
のReviewに備えたいと思います。

と言うわけで、記事は7/30以降まで、お待ちくださいね?

PS: CQLA通信読者の皆さま、、、、特にオフショア講座に興味があるからと
  いう理由の方、ギリシャ・欧州・アメリカ、、、、この経済の動きについての
  ニュースを逃さないように、、、自分でネットや新聞の経済論を逃さないよ
  うに、、英語が出来るという方は、日本語に頼らず、英語のソースを追い
  かけて下さい。受講可能時期は(どーしてもという方を除き)現在9月以降
  ですので、それまで待てない方、、自努力ください。
  「自努力なし」に「棚ボタ」望むのはドリーマーに終わりますよ!

2011/07/24(日) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。