FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界へ波紋!米国AA+への格下げの影響

いやいや、先週8/5にとうとうS&Pが米国をAAAからAA+に格下げ発表した為
に、今後、アメリカの経済と国民に大きな負担がのしかかるだけでなく、ウォ
ールストリートの低下は世界へと波紋が広がっています。

世界中の人々の頭の中には、2008年の世界同時金融危機の再来かと恐れ
がはびこっています。

-2.55%(NASDAQ), -4.78%(S&P),-3.19%(EuroTop100), -3.43%(FTSE),
-2.4%(DAX)-3.9%(CAC), -2.39%(Hang Seng), -3.78%(ASX), +0.23%
(Nikkei)とこれが先週末の世界のストックマーケットの動き。

(この続きは ↓ の read more... を押してください)

先週末、日本だけはプラスでしたが、日銀が単独介入で「円売り、ドル買い」
をしたのがいつまで効果があるのか?G7の会議でまた一斉介入なんてある
のかもしれません。

今回のS&Pの米国格下げは、米国議会コングレス連中がとうとうアメリカを丸
裸にしたといえるでしょうね?だいたい国債上限の引き上げきまったからとい
って、さっさとホリデーに行ってしまうほど、ますます米国コングレスのお粗末
ぶりを暴露。

日本のノロマなカメの総理とどっちがどっちか?
まあ、親(米国)が親なら、子(日本)も子ということになるんでしょうか?

親の借金を支える為に、国民にもほとんど公にせず、子の国の経済状態な
んか関係なく、毎年、莫大な予算をむしり取っている親ですからね、、、。

というより、貢ぐしか手立てがない子なんですが、親が子をみる余裕がない
から、子はただでさえ苦しい財布をはたいて、単独介入で「ドル買い」までし
ないと自らを守れない、、、これが親といえるんでしょうかね?

アメリカ借金国をささえているのは、一番の大株主(みたいなもんです)の中
国は、公に米国に文句いってますが、子である日本はお金の中身が違うから、
それも言えないですよね、、、、

世界で最も安全な投資先とされてきた米国債の格付けが「AA」に格下げされ
たことにより、残る「AAA」の資格をもつ国は、英国、フランス、ドイツ、スイス、
スウェーデン、オーストリア、カナダ、香港、シンガポール、オランダ、ノルウェ
ー、そして我らが「オーストラリア」など。  
(注:その他「AAA」でも無名に近い「独立国名」などはココでは割愛します。)

,,,と上記を書いたあと、豪時間8/8の夕方、米国のCNNのサイトから面白い
投稿をみつけました!

今回の米国議会が決議した国債限度額の引き上げに関し、どのように収入
と予算計上をしたか?米国のPaulさんが次のように、分析投稿していました。

今回、議会で決議された諸所の詳細は次の通り。

U.S. income: $2,170,000,000,000
Federal budget: $3,820,000,000,000
New debt: $ 1,650,000,000,000
National debt: $14,271,000,000,000
Recent budget cut: $ 38,500,000,000 (about 1percent of the budget)

これを平均的なアメリカ国民であるジョーンズファミリーに置き換えて数字
に当てはめてみると、、、

Total annual income for the Jones family: $21,700
Amount of money the Jones family spent: $38,200
Amount of new debt added to the credit card: $16,500
Outstanding balance on the credit card: $142,710
Amount cut from the budget: $385

つまり、ジョーンズ家は年収がUS$21,700なのに、年間出費US$38,200.
今回、クレジットカードの上限をUS$16,500まで引き上げられたのはいい
けど、既にカードの累積借金額はUS142,710.家族で協議した結果、今回
はUS$385をカット軽減することにはファミリーの了解がとれた。

ところが同じような支出を長年繰り返してきた結果、ジョーンズ家の累積
借金額はUS$5,142,710まで膨れ上がっているとんでもない状態である。

だからいくらクレジットカード借金の上限をUS$16,500まで引き上げても
たったUS$385だけ支出を軽減しても焼け石に水だ!

たまった借金の US$16,115 のショートホールをどう返済するのか?
(これが明確に提示されていないからS&PでAA+に格下げされたということ
をわかりやすく説明しているともいえます。)

これも自分を選択してくれた地域への恩典しか考えていないようなアホな
コングレス議員を選んだ国民の責任。議員を入れ替えないと状況はかわ
らないのは明らかだと!言うコメント。

いや~、ジョーンズファミリーのクレジットカード借金地獄の家庭におき
かえる手法は非常にわかりやすい。

日本のように直接選挙でない議員や総理大臣が、国民の税金だけ使って
ワーワーと騒ぎたてて、時間ばかり過ぎるのも問題ですが、直接選挙で

自分の票(=次期、選挙)しか考えない米国の直接選挙で、その議員たち
を選択して送りだした国民、、、いままでの借金の雪だるまをそのまま
身のがして、わが身の近場のことばかり考えてきた自分たちにも問題あり
という訳ですな、、、。

いやはや、オーストラリアは政党数がむやみに増えないので、訳のわか
らない新党ができて、国民の税金と国会使って、国会討論ゲームばかり
やってる給料(=税金)泥棒は、日本や米国ほど簡単に増幅できないで
すが、今や世界には本当に国民のことを考える政治家なんていなくなっ
たのでしょうか?

少なくとも、まだオーストラリアには(賛否両論はありますが)国民に
近い政治がおこなわれているような気がしますな、、、、。

PS: 先週末の日本国の日銀単独介入もむなしく、やはりAA+のニュース
  は週明けの日本の株式市場に影響を与えたようですね、、、やっぱり
  G7一斉介入しかないんでしょうね?

2011/08/08(月) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。